スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保管方法に気をつける

薬の保管方法では、日光や過剰な湿気を避けて室内で保存してください。

保管方法が悪いと薬の成分が分解し、効き目がなくなることがあります。

特に光、温度、湿度には気をつけなくてはいけません。

湿気が多い場所では、カビが生えたり、水分により変質することさえあります。

そして、直射日光のような強い光を受けると変質しやすく、温度が高くても薬は変質しやすくなります。

冷暗所で、缶や箱に入れて保管していることが良い方法です。
スポンサーサイト

シップの使い分け

冷シップと温シップとを間違って使い分けしていませんか。

冷シップは、メントールやハッカ油で清涼感を与え、患部に炎症のある急性期に消炎効果があるので使います。

肩こりの場合、姿勢が悪いことなどによって血行が妨げられていることが多いのです。

そのため、筋肉に酸素を供給して血行をよくするためには、温シップを使用し肩を温めます。

腰痛などの慢性の痛みに対しても同じことがいえます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。