スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩酸ブロムヘキシンについて

塩酸ブロムヘキシンは痰に効くお薬って言われていますよね。

このお薬のおかげで痰の時にも慌てないで済むんですよね。

痰が出ると個人的には結構重い症状だなって感じるんですよね。

体調が悪い時とか疲れている時とかにはどうしても痰が出てきてしまいますので、そんな時には様子を見たり、あるいは塩酸ブロムヘキシンを使ったりして痰を抑えていますね。

痰が出てくると辛いのはもちろんですけど、健康面でのシグナルだと思ってしっかりとしなきゃって思いますしね。

痰が出ないけど咳が止まらないって時が自分にとっては一番辛い時なんですよね。

だからそうならないよう、自分自身でも一応いろいろと気を使っているんですけど。

やっぱり体調の事っていうのは自分自身で気を使っていないとどうにもならない部分ですし、もう子供ではないんですから自分で管理しないとですよね。
スポンサーサイト

塩酸メトキシフェナミンについて

塩酸メトキシフェナミンのお薬って気管支を広げるんですよね。

それで喘息とか気管支炎の治療に用いられるって事みたいなんですよ。理屈は解りますよね。

狭いから広げる。これっていろんな事に言えると思うんですけどどうなんでしょうね。

例えばですけど、握手会とか。いや一回行った事あるんですけど、中々進まないんですよ!(笑)

それでいてやっと自分の出番になったと思ったら、いわゆる「はがし」って人がすぐにマークしてきて本当に握手なんて数秒…いや、1秒か2秒って話ですよね。

そのために何時間も並んで。コアなファンは良いんでしょうけど、正直自分は疲れました(苦笑)

だから塩酸メトキシフェナミンみたいに、もっと握手会も何かを広げてファンの流れをスムーズに…ってなると、結局握手する時間を短くするって事になっちゃいますもんね(苦笑)中々難しい話し…ですね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。