スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現段階ではまだ購入が怖い

そういえばインターネットで薬が買えるようになりましたけど、実際に購入しているって人いますかね?

さすがに自分もまだ手が出せないっていうか、やっぱり薬は出来れば信用出来る所でっていうのがあるんですよね。

使った事がある薬とかなら分からなくもないんですけど、使った事の無い薬をインターネットで新しく購入するっていうのはちょっと不安な面もありますよね。まぁでもまだまだ始まったばかりですからね。

サービス開始から完璧な物っていうのはそうそうないですし、これから利用者が増えて、利用者が声を挙げて制度も徐々に整えられていくんじゃないかなって思っています。

だから自分が思っているのもあくまでも現時点での話ですから。

これを書いているのが12月の20日の事ですけど、この先どんどん制度が洗練されてきて、便利になる可能性だってありますからね。

それを考えると、どうなるのかっていうのはまだまだ決めつける段階じゃないのかもしれないですけど、少なくとも現段階ではまだ自分はちょっと怖いかなっていうのが本音ではありますよね、正直。
スポンサーサイト

インターネットで購入は自己責任

薬がインターネットで販売されるようになって懸念されているのがとにかく消費者を騙そうとする業者の存在ですよね。

調剤ではそうしたトラブルなんて絶対に起きないじゃないですか。

そりゃ薬剤師がしっかりと薬を調合してくれているんですから当たり前ですけど、でもインターネットで自分で購入するとなると薬剤師はいないですからね。

全部自己責任でって事になりますから、アナウンスが本当なのかどうかだとかっていうのを含めてしっかりと啓蒙しないといけないんですよね。

でもついつい調子の良い謳い文句を見て「これ良さそう」ってノリで購入する事だって出来ちゃいますからね。

まぁそれがあまり良い事ではないというか、トラブルの温床でもあるんですよね。

まぁ消費者ももうちょっと知恵というか、「売られているものは安全」みたいな考えを捨てて自分で調べて購入しろって気持ちもあるんですよね。

なんでもかんでもルールのせいにしているからこうして今の世の中がデリケートというか、いろんなルールでがんじがらめになっちゃってるって思うんですけどね~…。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。