スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬剤師になりたくて薬科大学

親戚の子でこの4月から薬剤師になりたいという事で薬科大学に通っている子がいるんです。

もちろん頑張ってもらいたいっていうのは言うまでもないんですけど、まぁ自分が知らなかっただけなんですけど今、薬科大学って6年通うものなんですね。

自分の友人は薬科大学って言っても4年だったので結構長いんだなって思いましたね。

まぁでも薬剤師って安定していますから、6年間でも人気職業である事には間違いないでしょうねぇ。

特に女性からすると、出産後であっても社会復帰しやすい職業だと思うんですよ。

そういった職業ってあるようでなかなかないじゃないですか。だからその親戚の子にもかなり期待しています。

6年間って聞くと長いとは思いますけど、その分学生生活をより楽しむ事が出来るって思って満喫してもらいたいですよね。

それに少子高齢化って言われている中で、こういった国家資格っていうのはこれから今以上に貴重なものになっていくんじゃないかなって気もするんですよね。

まぁさすがに24になったらいくら学生だからってお年玉はあげないですけどね(笑)
スポンサーサイト

薬が効かないから過剰摂取

人間の体にとって薬っていうのはとても大切なものだとは思うんです。

ただ摂取のし過ぎっていうのはよくないものなんですよね。

これはもう間違いないんですけど、ただ病気になってしまったりすると体調そのものはもちろんですけど精神的な部分で弱気になってしまうっていうのもあるんですよね。

「病は気から」なんて言葉もありますけど、精神的に参っているとどうしても「薬が効かない」みたいに思ってしまって今度は薬を過剰摂取するようになってしまったりとかっていうのもあるみたいですからね。

気持ちは分からないものではないんですけど、ただ薬っていうのは適量を摂取しなければ体に負担を与えてしまう事にもなりかねないものだっていうのも知っておかなければならないんですよね。

薬っていうのは魔法ではないんですから。

それに薬を摂取したからといって暴飲暴食をしたり無茶な生活を送ったりでは効果だって半減してしまうケースだってあるんです。

その事もしっかりと理解しておかなければならないんですよね。

もしもそれが出来ないと、結局薬の効果は低いでしょうから。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。