FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザと薬の話

世間ではインフルエンザが猛威をふるっているようですね。

よく、バカは風邪を引かないから、おまえは大丈夫だろうと言われますが、どうしてどうして、インフルエンザは風邪ではありません。

インフルエンザは怖い怖い感染症の一つです。だから、バカでも掛かる時は掛かります。

ただ、確かにその初期症状は風邪とよく似ていますよね。

そのため、最初は風邪だろうと思って、放置しておいたり、暖かくして寝るとか、市販の風邪薬で対処するという人も少なくないようです。

が、しかし、これが大きな間違いで、根本的にインフルエンザは薬で治すしかない病気だと言っても決して過言ではないのですが、現在使用が認められている抗インフルエンザ薬は全て、発症後48時間以内に投与しなければ、その効果は殆ど期待出来ないと言われています。

そこで、発症直後にすぐ医師の診察を受け、薬をもらう事が何より重用と言えます。

ところがところが、さっきも言ったように、初期症状だけでは風邪だと思い込んで、仕事や学校を休もうとしない人も少なくありません。

また、もし仮に発症初日に病院へ行ったとしても、ウイルス量が少ないため、陽性反応を示さない事も珍しくないのです。

こうした事が、毎年感染者を増大させる大きな要因となっているようですね。

因みに、インフルエンザの診断が最も容易なのは発症2日目から3日目の頃で、本人にとっては一番辛い時季でもあります。

そしてそして、もうすでに周囲の人に感染させている可能性も大いに考えられますからね、もし家族や同僚、友人などが感染した場合は、自分でいち早く異変に気付き、絶対に風邪だと思い込まない事。

さらに、早期発見の安易な大きな病院できちんと検査をしてもらい、適当な薬をもらうようにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。